湖水ヶ池 Komizugaike

冬には恵みをもたらしてくれる湖水ヶ池。夏は違う顔がある。

 

暑い夏でも、木影では涼しい風が吹き抜け、豊かなる緑が私たちに癒しを与えてくれる。

 

池の周囲は約1キロ。木漏れ日の中、遊歩道を歩く。そこは私だけの素敵な時間。

水沼神社
この地の守り神。15代目 宇都宮正和 宮司
神社から見た池
イベントではこんな風景も
池は自然豊か。魚や亀、色々な生き物がいます。
見頃はお盆の頃
蓮の花が咲き乱れるのはお盆の頃。その風景は、誰もが心を奪われます。
300年の歴史あり
夏の湖水ヶ池
素敵な遊歩道。

 

湖水ヶ池 Komizugaike

冬には恵みをもたらしてくれる湖水ヶ池。夏は違う顔がある。

 

暑い夏でも、木影では涼しい風が吹き抜け、豊かなる緑が私たちに癒しを与えてくれる。

 

池の周囲は約1キロ。木漏れ日の中、遊歩道を歩く。そこは私だけの素敵な時間。

水沼神社
この地の守り神。15代目 宇都宮正和 宮司
神社から見た池
イベントではこんな風景も
池は自然豊か。魚や亀、色々な生き物がいます。
見頃はお盆の頃
蓮の花が咲き乱れるのはお盆の頃。その風景は、誰もが心を奪われます。
300年の歴史あり
夏の湖水ヶ池
素敵な遊歩道。

 

湖水ヶ池 Komizugaike

冬には恵みをもたらしてくれる湖水ヶ池。夏は違う顔がある。

 

暑い夏でも、木影では涼しい風が吹き抜け、豊かなる緑が私たちに癒しを与えてくれる。

 

池の周囲は約1キロ。木漏れ日の中、遊歩道を歩く。そこは私だけの素敵な時間。

水沼神社
この地の守り神。15代目 宇都宮正和 宮司
神社から見た池
イベントではこんな風景も
池は自然豊か。魚や亀、色々な生き物がいます。
見頃はお盆の頃
蓮の花が咲き乱れるのはお盆の頃。その風景は、誰もが心を奪われます。
300年の歴史あり
夏の湖水ヶ池
素敵な遊歩道。

ここには 別世界がある…

水沼神社の水神様のれんこん。

特別な時に、特別な人だけが入る事を許される池。

守られてきた。ひたすらに。

だからこそ300年の時を越えても、池の恵みを頂く事が出来るのだと思う。

ここには 別世界がある…

水沼神社の水神様のれんこん。

特別な時に、特別な人だけが入る事を許される池。

守られてきた。ひたすらに。

だからこそ300年の時を越えても、池の恵みを頂く事が出来るのだと思う。

ここには 別世界がある…

水沼神社の水神様のれんこん。

特別な時に、特別な人だけが入る事を許される池。

守られてきた。ひたすらに。

だからこそ300年の時を越えても、池の恵みを頂く事が出来るのだと思う。

 

10月!いよいよ収穫だ!

夏とは違う色が池を覆います。

 

夏の緑は池に溶け込み、蓮は収穫の合図を出します。

 

さぁ、いよいよ冬。みんなが待ちに待った、湖水ヶ池の糸ひきれんこんの収穫が始まります。

 

凍りつくような寒さの中、丁寧に一本一本掘られて行きます。

 

これを食べないと新富町の冬は始まらない!

冬の湖水ヶ池
夏とは一変。夏に葉を広げて、たくさんの栄養を地下にため込んだ蓮。10月くらいから美味しい糸ひきれんこんの時期を迎えます。
高圧ポンプは作業には欠かせません
獲れたての糸ひきれんこん
湖水ヶ池産糸ひきれんこん
これだけのれんこんを掘るには熟練の技がいります。
凍てつく寒さの中での作業
今はウエットスーツがあるとは言っても、寒さは変わりません。こうやって作業をして下さる方がいて、美味しく食べれることに感謝です。
生を折るだけでも糸を引きます

 

10月!いよいよ収穫だ!

夏とは違う色が池を覆います。

 

夏の緑は池に溶け込み、蓮は収穫の合図を出します。

 

さぁ、いよいよ冬。みんなが待ちに待った、湖水ヶ池の糸ひきれんこんの収穫が始まります。

 

凍りつくような寒さの中、丁寧に一本一本掘られて行きます。

 

これを食べないと新富町の冬は始まらない!

冬の湖水ヶ池
夏とは一変。夏に葉を広げて、たくさんの栄養を地下にため込んだ蓮。10月くらいから美味しい糸ひきれんこんの時期を迎えます。
高圧ポンプは作業には欠かせません
獲れたての糸ひきれんこん
湖水ヶ池産糸ひきれんこん
これだけのれんこんを掘るには熟練の技がいります。
凍てつく寒さの中での作業
今はウエットスーツがあるとは言っても、寒さは変わりません。こうやって作業をして下さる方がいて、美味しく食べれることに感謝です。
生を折るだけでも糸を引きます

 

10月!いよいよ収穫だ!

夏とは違う色が池を覆います。

 

夏の緑は池に溶け込み、蓮は収穫の合図を出します。

 

さぁ、いよいよ冬。みんなが待ちに待った、湖水ヶ池の糸ひきれんこんの収穫が始まります。

 

凍りつくような寒さの中、丁寧に一本一本掘られて行きます。

 

これを食べないと新富町の冬は始まらない!

冬の湖水ヶ池
夏とは一変。夏に葉を広げて、たくさんの栄養を地下にため込んだ蓮。10月くらいから美味しい糸ひきれんこんの時期を迎えます。
高圧ポンプは作業には欠かせません
獲れたての糸ひきれんこん
湖水ヶ池産糸ひきれんこん
これだけのれんこんを掘るには熟練の技がいります。
凍てつく寒さの中での作業
今はウエットスーツがあるとは言っても、寒さは変わりません。こうやって作業をして下さる方がいて、美味しく食べれることに感謝です。
生を折るだけでも糸を引きます